固定資産税 払えない

固定資産税とは

固定資産税とは市町村などの税金で、土地や家(マンション)を所有している人が支払わなければいけない税金です。

 

賃貸物件で住んでいる場合はその物件を持っている大家さんが支払うので、借りて住んでいる方は支払う必要はありません。

 

毎年1月1日に土地や、家・マンションを所有している人が支払わなければいけない税金なのです。この固定資産税ですが結構高くて驚く人も多いと思います。

 

その土地などを所有している市町村によって変わってきますが、5月〜6月ぐらいに納税通知書が送られてくることが多いかと思います。

 

固定資産税の納期ですがねん4期に分けられていています。市町村によって変わってきますが、例えば、

 

・第1期 6月30日
・第2期 9月30日
・第3期 12月28日
・第4期 2月29日

 

このような感じでの納期になります。

 

支払わなければどうなる??

固定資産税は納税通知書の期日道りまでに支払わなければ、延滞金が科せられるようになります。延滞金という金利は非常に高い金利ですのでなるべく忘れずに支払うようにしましょう。

 

また、この固定資産税が払えなくてずっと滞納しておくと、差し押さえ処分を受けてしまうことになります。

 

差し押さえ処分というのは自分が持っている銀行口座や会社からもらっている給料を自分で自由に使えなくなるのです。差し押さえの為に銀行や会社に調査が入るため滞納しているということもばれてしまいますね。

 

銀行口座や給料などがない場合には、固定資産である土地や家、マンションが差し押さえられて競売にかけられるようになってしまうのです。

 

一般的な債務の差し押さえの場合は裁判所の令状というものが必要になりますが、税金の滞納による差し押さえの場合は、裁判所の令状なしで差し押さえることができるのも特徴というか怖いところだと思います。

 

このように確実に資産は抑えられるため、固定資産税を支払わずに済むということは無理かと思います。

 

必ず払っておいた方がいいですよ。

払えない場合

 

固定資産税って結構大きな金額になることが多いですから、あくまで分割での支払いになるとはいっても、払えないという状況になってしまう人もいると思います。

 

この場合上記で書いたような差し押さえになってしまうのでできれば避けたいところですよね。

 

ですので、差し押さえられないためにも個人向けのカードローンを利用してお金を借りて支払いするといいかと思います。お金を借りるのに抵抗のある方もいるかもしれませんが、実際の所差し押さえされるよりかは断然にいいと思います。

 

カードローンでお金を借りるといっても、今のカードローンは利息制限法内の低金利に設定されているため、支払う利息はたかだか知れていますからね。

 

カードローンも数多くありますが、今の所おすすめできるのは限られますので、以下で紹介しておきますね。ネットで簡単に申込みできます。

 

 

支払いにおすすめのカードローン

 

アコム 30日間無利息なのでお得!即日融資可能!

アコム
まず短期の借り入れの際におすすめなのがアコムです。アコムは30日間無利息期間がついているので、30日間は利息を支払わなくていいですからね。

 

固定資産税の支払いが一時的にできないだけで、すぐにお金を用意できるという場合は、アコムで借りて30日以内に返済してしまえば利息を市は割らなくて済みますからね。

 

また、急いで固定資産税の納付金が必要という場合も、アコムは即日融資もしてもらえるので急いでいる場合もすぐに現金を手に入れて支払うことができますよ。
≫アコムの申し込みはこちら

 

住信SBIネット銀行 業界トップクラスの低金利設定!

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行はネット系銀行です。ここは業界でもトップクラスの低金利設定というところが特徴ですね。金利は年1.99%〜7.99%となっていますから。

 

固定井資産税の延滞利息よりも圧倒的に支払う利息が低くなりますよね。この低金利設定は他の銀行系などと比べても見かけることがないと思います。

 

100万円を30日間借りた場合ですが、金利年1.99%ならば利息は1,635円で、金利年7.99%でも利息は6,567円ですからね。
≫住信SBIネット銀行の申し込みはこちら

 

みずほ銀行 超大手銀行で安心感抜群!

みずほ銀行
超大手銀行であるみずほ銀行は誰でも知っている銀行ですので安心感抜群ですよね。安心感を持ちたいという方は商品内容も優れているみずほ銀行を利用するといいですよ。

 

銀行カードローンっていうのは、基本的に審査に時間がかかったりする場合が多いのですが、みずほ銀行はかなりスピーディな対応をしてくれます。

 

みずほ銀行の普通預金口座を持っているという方は、WEB完結申込という申し込み方法が利用できて、申し込みから利用までネットで手続きが完結してしまいますよ。
≫みずほ銀行の申し込みはこちら

 

 

まとめ

 

固定資産税が払えない場合にどうなるかといえば、給料や不動産を差し押さえられるということになります。差し押さえられると周りの会社の人や友人にもばれてしまう可能性が高いですね。

 

ばれてもいいという人は良いかもしれませんが、固定資産税を払えなくて差し押さえられたとなると社会的信用も落ちてしかもう可能性もあります。

 

給料が差し押さえられてしまうと困りますし、せっかく手に入れた不動産が差し押さえられてしまうというのも嫌ですよね。裁判所の令状なしに差し押さえることができますから。

 

ですので、どうにかして固定資産税などの税金というのは支払わなければいけません。そのままやり過ごすことは絶対にできませんからね。

 

なので、固定資産税が払えない場合には、カードローンを利用してお金を借りるということも仕方ないことだと思います。お金を借りるということ自体が悪いことではないですからね。

 

ゆっくりでもいいのでちゃんと毎月返済していけば問題ないかと思います。特に上記で紹介しているようなカードローンは金利も低くて安心して利用することができますよ。